HYBRID MOM ハイブリッドマム

東京都認可・認証保育所 ハッピーマム

ナビゲーション
MENU
ホーム > 保護者の声

保護者の声

ハッピーマム成増(ご職業:会社員)中本ご夫妻

ハッピーマム成増(ご職業:会社員)中本ご夫妻 ハッピーマム成増に6歳の娘と2歳の息子がお世話になっています。入園時に日々の体調管理やケガ・事故の予防対策や定期的な避難訓練など安全管理を徹底されている説明があり、安心して預けることができました。
園庭はありませんが、こまめにさまざまな場所で外遊びしたり、食育・リトミック・英語・絵本の読み聞かせなどの情操教育が充実していたり、季節折々の行事や発表会があるなど毎日の過ごし方も大変工夫されています。
そんな園が子どもたちは大好きで、お休みの日も保育園ごっこをするほどです。平日の長い時間を過ごす場所がこういう存在であることは大変有難いです。
また、少人数の園なのでクラス(年齢)の違うお友達と遊ぶ時間も多く、兄弟のような関係を築けることも良いところだと思います。その他、先生方が子どもたちを細やかに見て特性に応じた対応をしてくださったり、我が子の意外な一面を教えていただいたりと「一緒に育ててくださっている」感じが、私たち夫婦にとってはとても心強いです。

ハッピーマム福住 (ご職業:建設業)鈴木ご夫妻

ハッピーマム福住 (ご職業:建設業)鈴木ご夫妻 ハッピーマム福住には、生後5ヶ月の頃から3年間お世話になっています。最初に園を見たときに、開放的で明るい雰囲気だったので、「安心して預けられそう」と思ったことを覚えています。初めての育児なので、子どもの体調管理・病気・食事などいろいろ手探り状態でしたが、園で食べている食事内容などを教えてもらい、家での食事改良を試みたりもしました。その他にも、育児の不安が解消されるアドバイスもいただき、とても助かりました。
園では子どもたちも先生方も楽しそうにしていて、雰囲気が明るいのが良いと感じています。そして、どの先生も何かしら娘のことを見ていてくれて、送り迎えの際には細かく園での様子を教えてくれて、私たちも毎日楽しいです。最近では、リトミック・英語・体操を園でしているようで、家では見ることができないまた違った成長を聞くことができて、嬉しく感じます。これからもハッピーマム福住園で、のびのびと過ごすことを願っています。

ハッピーマム東雲 (ご職業:銀行員)高島ご夫妻

ハッピーマム東雲 (ご職業:銀行員)高島ご夫妻 1歳になった頃からお世話になっています。当時ハイハイから立ち上がったばかりで言葉もろくに話せなかった娘は、今はもう3歳。いろいろな言葉を話し、毎日走り回るまでに成長しました。娘を一緒に育てていただいていることに非常に感謝しています。
躾の面で、どのように叱ったら良いか分からなく悩んだとき、いろいろアドバイスをいただいて先生方が支えになってくれました。また、成長の過程を毎日丁寧に報告していただいていることが、安心に繋がり、子育てにおける不安が軽減されました。その他にも娘がプリスクールの英会話やリトミックなどで覚えたことを家でもやっており、楽しみながら学んでいる姿を見て喜ばしく思っています。
ハッピーマムは、娘にとって第二の「家庭」のような存在だと思います。連休で通えなかったとき「保育園に行きたい。」と言って泣いていました。信頼できる先生方に囲まれ、安心して子どもを預けることができる保育園に通えて心から良かったと思っています。

ハッピーマム平和台 (ご職業:会社員)三宅ご夫妻

ハッピーマム平和台 (ご職業:会社員)三宅ご夫妻 息子がハッピーマム平和台に入園したのは9ヶ月のことでした。最初は泣いていたこの子も、今ではお迎えの時に満面の笑顔で楽しそうに駆け寄って来てくれます。
早いもので入園してから8ヶ月になりますが、日々の成長を先生方が一緒に見守ってくださり、園での様子を教えていただく度に想像しては愛おしさが込み上げてきます。連絡帳のやりとりはもはや、親である私たち夫婦の楽しみとなっております。家庭ではできないようなリトミックや英語に触れるなどの経験をさせてもらえるのは、とても有難いです。特に制作で作った作品を持ち帰った時はとても微笑ましく胸がいっぱいになります。
入園の時から常にあたたかく対応してくださる園長先生をはじめ、些細なことでも真剣に相談にのってくださる担任の先生、そして担任ではない先生方も皆、息子のことを良く理解してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

ハッピーマム東陽町 (ご職業:保険業)牧ご夫妻

ハッピーマム東陽町 (ご職業:保険業)牧ご夫妻 見学時に園長先生とお話したときから、ハッピーマム東陽町は子どものために何がベストかを考えて運営されていると感じました。園長先生の話す言葉の端々から子どもがとても好きということが伝わってきて、すぐに「ここなら安心して娘を預けられる」と思ったのを覚えています。
園に入ってからの毎日の娘の様子からも、その直感は正しかったと実感させられています。朝、「保育園行くよー」と声をかけると、グズることなく、ニコニコしながらそそくさと準備をし、園に到着するやいなや名残惜しげなそぶりもなく、嬉しそうに自ら園に飛び込んでいきます。母としては少し複雑な気持ちにもなりますが、仕事を持つ主婦としては、この保育園で本当に良かったと日々感謝をしています。
初めての子どもなので、育児や離乳食のすすめ方など、わからないことや不安なこともたくさんあるのですが、園の先生たちに質問すると、いつも明確なアドバイスをいただけて、私にとってはとても頼りがいのある存在となっています。また、うちは仕事の時間の関係でシッターさんにお迎えにいっていただくことが多いのですが、そうしたイレギュラーな状況にも丁寧に対応をいただけていることにもとても感謝しています。
子どもを保育園に預けることで、子どもは園で経験し・学び・吸収し、その変化を親が感じることで、私たち大人も子どもからさまざまなことを学ぶことができます。
毎朝、園のお友だちがキラキラした目でのびのび遊んでいる姿を見ると、娘は幸せ者だとつくづく思います。
PageTop